職業のランキング

2011年9月13日(火) 17:43

職業にもランキングがあります。

何年も続いている不景気のあおりをうけて、熱心に就職活動をしてもつきたい仕事につけない人は多いようです。

せっかく就職が決まっても、しばらく働いたのち転職する人も少なくないようです。

退職後の再就職先探しも困難を極める現状があります。

資格を持っているかどうかで、就職しやすくなる職業もあるといいます。

再就職先に関するランキング表をチェックすると、米国公認会計士などの高収入な資格を持っていると有利な仕事がランクインしているようです。

その好例として薬剤師があります。

職業ランキングの上位職業といえるでしょう。

また、女性の親が娘に望む職業のランキングを見ると、常に上の方にあるのが薬剤師だとされています。薬剤師の転職も根強い人気です。

実務者の90%を女性を占めている視能訓練士という職業も、ひそかな人気が高まっています。

これまで、ランキング入りすることは少なかった職業なのでねらい所かもしれません。

男性で見れば公認会計士などの難しくて特殊技能や資格がないと働けない職業の方がランキングでも上位です。

ランキングの高いところにいる職業としては理系が多くあり、特に医療関係が注目されています。

親が子供に望む職業としてもランキングで上位になる傾向があるようです。

手っ取り早くお仕事するなら人材派遣登録がおすすめです。今人気のサービスは派遣会社ランキングからチェックしよう。

就職活動の内定ブルーとは?

2011年9月13日(火) 02:47

就職活動の悩みには、内定ブルーというものもあるといいます。

内定ブルーとは、内定が決まってから起きるものです。

本当に自分の就職活動はこれでよかったかと思い悩み、気持ちが落ちこんでしまう状態をいいます。

それぞれの人によって、内定ブルーになる時期は違うものですが、この悩みを内定通知を受け取って数時間後に既に抱えてしまう人もいるといいます。

内定は、出る時は拍子抜けするほどあっさりと出ます。

これから就職活動を頑張るぞという気持ちの持って行き場を失ってしまうのです。

本当に決まった会社で良かったのか、ほかの会社を探す必要はないのかと悩むこともあるようです。

内定をせっかくもらえたのにと思っても、それが悩みとなってしまうのはやむをえないといえるでしょう。

マリッジブルーやマタニティブルーなどでも同じですが、人間は誰でも急激に環境が変わることに対して不安に思うのは仕方のないことです。

内定ブルーに就職活動後になってしまったら、じっくり原因について考えてみると良いでしょう。

決まった業種で何をしたいのか、自分はそもそもどうして就職活動でその会社を選んだのかなどについてです。

悩みを言葉にできるようになったら、友人や先輩などに話してみましょう。

人の意見を聞き、自分の考えを見直していけば、内定ブルーといった就職活動後の悩みから抜け出すきっかけはきっとあるはずです。

就職してからの社内考査などでは英語力が必須です。特に、TOEIC対策のために無料で英語学習をしっかりとしましょう。

カレンダー

2014年9月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

月別の投稿一覧

▲Pagetop